普通免許でも出来るドライバー求人とは?

ドライバーといった運送関係の求人は、基本的に大型免許やタクシーのような特殊な免許を必要とします。
通常であれば、普通免許だけですと運送関係のドライバーというのはなかなか難しいところです。

運送業界は基本的に人手不足であり、常に人材を募集しているところではありますが、普通免許だけではなかなか雇ってもらえないところはあります。

ですが、普通免許でもドライバーの求人を申し込める所はあります。それが小型トラックを扱っている会社の求人です。
通常の運送関係の求人数と比べても、少し数が少ない面はありますが、普通免許でも運送業界に入ることは可能です。

では、どうして普通免許だけでも小型トラックならドライバーの求人があるのでしょうか?

小型トラック可な求人と仕事内容

現在の普通免許の場合ですと、平成29年3月12日に新設された普通免許の条件によりますと 乗車定員10人以下 最大積載量2.2トン未満 車両総重量3.5トン未満 となっています。 つまり、普通免許でも可能となっている場合には、3.5トン以下のトラックと小型トラックなら運転できると言うことです。 仕事内容に関しては、小型トラックになりますと近隣のスーパーやコンビニといった小売店に荷物を出すことが中心になります。 距離よりも周辺のなじみがある地域での働きになりますので、最初は上司の人と同伴でルートを覚えることになります。 また、最初の段階で普通免許しか持っていなくても、運送会社によっては準中型・大型免許を取得できるように色々な支援をしてくれます。 特に未経験の方であれば仕事をゆっくり覚えてから、長距離ドライバーなどに転身というのもありです。

運転手の求人には、会社役員の送迎や荷物の配達ドライバーがあります。どちらの案件も、未経験者の応募が可能です。