長距離運搬は頑張れば高収入

運送業界は人手不足であり、特に長時間の運転をしなければいけない長距離運搬は状況が深刻です。運転中は緊張を強いられますし、荷物の積み下ろしもあるので体力のある人でなければ長続きしません。そのため、長距離運搬をしているドライバーは、新しく始める人が少なく高齢化が進んでいます。そういった事情もあり報酬を詳しく見ていくと、短距離・中距離と比べて高めに設定されていることが多いです。学歴や職歴がなくとも高収入を得られる職業といえます。家を買いたいとか結婚をして子どもを持ちたいなどの夢に必要な資金を稼ごうと、長距離運搬のドライバーになるというのも立派な志望動機です。あるいは職を失った人が、生活を立て直すために応募しても良いでしょう。

人間関係に悩まされない仕事

仕事では、上手く人間関係を構築できずに失敗する人が少なくありません。人間関係を原因としたストレスは、最悪の場合だと新型うつ病などの精神的な疾患を引き起こします。そういった病気を発症すれば、働くことなどできなくなり生活が苦しくなるでしょう。その点、長距離運搬のドライバーであれば運転をしている間は何時間も一人で過ごすことになります。孤独感を感じることにはなりますが、仲間のドライバーや荷物を運ぶ先の担当者と接触する時間も短いので、人間関係がこじれる心配は低いです。誰かと話していなければ寂しいという人は向いていないでしょうが、一人で過ごすことに抵抗がなければ長距離運搬のドライバーほど向いている仕事はありません。

運送業の求人は、現場のトラックドライバーをはじめ、運行管理者や事務、経理など様々な職種の募集が行われています。