タクシーのドライバーは二種免許があればすぐに採用されやすい

人を運ぶドライバーの仕事は、客の命を預かるため責任が重大ですが、人付き合いが好きな人や、やりがいを感じながら働きたい人に向いています。たとえば、タクシードライバーの仕事は、二種免許を持っている人であれば、実務経験が無くてもすぐに採用されやすく、一か月から数か月程度の研修を通じてひと通りの業務を覚えることが可能です。また、日勤や夜勤など自分の年齢や体力に合った時間帯の勤務を選べる会社も多く、定年まで自分のペースで働きたい人にとって大きな魅力があります。最近では、ドライバーの不足を補うため、正社員だけでなく契約社員やパートなどのドライバーの求人を募集している会社も増えており、幅広い年齢の求職者から関心が集まっています。

役員運転手は社会常識やマナーが身についている人におすすめ

大手企業の会長や社長、部長といった役員の専属運転手の仕事は、採用枠が少なく狭き門です、基本給が高めに設定されていることや、終身雇用が前提となっていることから、多くのドライバーにとってあこがれの職業となっています。役員運転手になるためには、過去に交通事故や違反の経歴が無いだけでなく、社会常識やビジネスマナーがしっかりと備わっていることが最低限求められます。また、勤め先によっては採用の際に学歴や語学力などが厳しくチェックされることもあります。そうした中、役員運転手を目指したい人は、普段から志望企業の求人の有無をチェックするのはもちろんのこと、普段から運転手として必要なスキルを磨くよう心がけることが大切です。

ドライバーの派遣は、即戦力として期待される中高年者から、免許を取得したばかりの若手まで活躍しやすい状況にあります。